日本酒の賞味期限!開封後はどれくらいで飲みきるのが良いのか?

こんにちは!
日本酒大好きあおいです。
日本酒好きが高じて日本酒についてあれこれと勉強する日々を送っています。

日本酒は未開封であれば賞味期限がなく、保管状態が良ければ年数が経っても飲めることが多いお酒。

しかし一度開封すると変化するものなので、いつまでも飲酒可能という訳ではありません!

開封後の日本酒はどれくらいで飲みきるのが良いのでしょうか?

開封後の保管方法

日本酒は空気に触れたり温度変化にとても弱いデリケートなお酒です。

開封後はできるだけ早く飲むのがベター。

空気に触れることで味や風合い、香りなど変化がどんどん生じていきます。

とはいえ、一度に飲みきることが難しく、飲み残してしまうこともありますよね。

そんな時は冷蔵庫で保管するのがおすすめです!

家庭用冷蔵庫は10度以下の規定(10℃以下)がありますが、これは家庭での日本酒の冷蔵庫保管の温度としては適切です。

飲み残した場合は必ず冷蔵庫保管しましょう。

冷蔵庫保管がおすすめな理由

日本酒を飲み残した場合は絶対に冷蔵庫保管がおすすめです!

開栓後の日本酒は空気に触れることで酸化してしまい、味が変化していきます。少しでも味の変化を遅らせるために冷蔵保管は必須なのです。

激しい温度変化も苦手なので、気温が一定して涼しき保てる場所での保管がベター。

また、日本酒は日光が苦手。
紫外線や蛍光灯の光にも弱く、お酒をさらすと劣化してしまいます。

これらのことを踏まえると、開封した日本酒は冷蔵庫で保管するのが一番良いですね!

家庭用冷蔵庫での日本酒の保管

家庭用の冷蔵庫で日本酒を保管するときは、栓がコルクではないのでワインのように寝かせる必要はありません。

立てて収納すれば大丈夫です。

一升瓶など大きすぎて冷蔵庫に入らない場合はきれいに洗って乾かした四合瓶に移し替えて冷蔵保管しましょう。

生酒系・吟醸系の開封後の賞味期限

生酒系・吟醸系の日本酒は未開封でも5℃以下での保存が適しているため、必ず冷蔵保存になります。

開封後は冷蔵保存でも1か月以内に飲みきれば蔵が意図した通りの味わいが楽しめます。
長くても2か月以内に飲みきるのがおすすめです。

生酒は瓶詰め後も酵母が少しづつ発酵を続け炭酸ガスを生み続けます。
開栓した後は瓶の中に空気が入るので、炭酸ガスたくさんの空間から空気いっぱいのところへ放り出されます。

開栓前までとは全く違う方向に味が変わっていき、バランスが悪くなっても不思議ではありません。

生酒は生きているので早く飲みきってしまうのがベストです!

純米酒・本醸造酒系の2度火入れされている日本酒の開封後の賞味期限

2度火入れされている日本酒は酒の種類にもよりますが、スーパーやコンビニなどで陳列されているものは開封後常温保存で3か月以内に飲むのがベターです。

開封後は基本的に冷蔵保存が必須ですが、冷蔵保存の場合は長くて6か月以内に飲みきるのが良いでしょう。

だたし、瓶火入れの酒は繊細でデリケートなものが多いので生酒と同様に1か月以内に飲みきるのがおすすめです。

2度火入れの日本酒も開栓後は空気に触れることで酸化して味が変化していきます。
少しでも変化を遅らせるために冷蔵庫での保管がベターです。

まとめ

日本酒の劣化は酸素に触れると急激に進むため、開封後は早く飲みきるのが一番です!

アルコール度数が高い日本酒は腐ることはありませんが、、おいしく飲むためには生酒、火入れ関係なく1か月以内に飲んだ方が良いです。

酸化による味の変化は開封後すぐから始まり、角がどれてまろやかな風合いに変化したり、香りの変化が起こります。

開封したその時からすでに日本酒の味の変化は起こるので、蔵の意図する味わいをそのまま楽しむか、時間の経過とともに変わる味の変化も楽しむのか、日本酒の味わい方はそれぞれ。

開栓後に年数が経ちすぎていて香りや色にあまりに違和感があるようなら飲酒はやめた方が良いですが、1,2か月以内の香りや味わいの変化は楽しむのも日本酒の醍醐味かもしれませんね。

日本酒の賞味期限は?未開封で5年経ったものは安心して飲めるのか?

こんにちは!
日本酒大好きあおいです。
日本酒好きが高じて日本酒についてあれこれと勉強する日々を送っています。

日本酒はいただいたものや一升瓶など大きなものはなかなか開けるタイミングなく、そのまま何年間か放置してしまうことがありますよね。

押し入れなどの奥にしまい込まれていて、気づけば製造年月から5年も経っている日本酒があったり。

いただいてから5年経った日本酒は飲めるのでしょうか?

日本酒の賞味期限は?

そもそも日本酒に賞味期限はあるのでしょうか?

タイトルを追加

こんにちは!
日本酒大好きあおいです。


一升瓶などで日本酒をいただいた時、ついうっかり置きっぱなしにしてしまっていて日にちが経ってしまうことありますよね。


量が多いので飲めそうなときにいただこうと思って放っていると、つい日にちが経ってしまっていて、気づけは製造年月よりも2年も経っていた!なんてことも起こりうるかもしれません。

ラベルに記載されている製造年月よりも3年経った日本酒は飲めるのでしょうか?
そもそも日本酒に賞味期限はあるのでしょうか?

日本酒の賞味期限

日本酒はラベルを見ても情味期限が記載されていませんよね。


アルコール度数が高い日本酒は保存状態にもよりますが、腐って飲めなくなったり、古くなったからと言って体に害が出るというものではありません。

食品表示法では記載するのは製造年月のみとなっていて、賞味期限・消費期限はないのです!

法律的には日本酒には賞味期限や消費期限がないとは驚きですよね。

日本酒は時間の経過とともに味や風味が変化する

賞味期限・消費期限がないからと言って、未開封ならいつまでも作りたての味を楽しめるのかと言ったらそうではありません。

日本酒によりますが、時間の経過と主に独特の風味がついてしまうものはありますし、味が落ちることもあります。

長期間保存がきき未開封であっても、日本酒は味や風味が変化していくので飲酒するときは心しておきたいですね。

5年間未開封の日本酒は飲めるのか

日本酒は長期保管が効くお酒なので、未開封であれば5年経過したものでも飲酒可能です!

純米酒など2度火入れされている日本酒であれば常温保存が可能なので、冷暗所に保管していたものであれば安心して飲めます。

生酒系・吟醸系は冷蔵保存必須な日本酒なので、もし冷蔵で保管されていなければ5年経過してると味わいや風味は大幅に変化していると考えられます。

飲んでも大丈夫なのか心配な場合はグラスに日本酒を注ぎ、ポイントに注意してお酒の状態を見てみてください。


ポイント①色が透明か黄色味を帯びている程度なら問題ない
ポイント②色が褐色や茶が濃い場合は料理酒として使うのも避ける
ポイント③香りや風味に明らかに違和感を感じるときは飲酒しない

色や香りに違和感を感じるときは、飲酒も料理酒として使うのも避けた方が良いでしょう。

日本酒保管に適した保管環境

日本酒に含まれる酵母は生きているので日々変化し続けます。

とてもデリケートで繊細な日本酒は、保存されている環境によって劣化の速度が速まったり、変化のスピードをゆっくりにしたりできます。

日本酒を保管する際に気を付けたいこと
①紫外線にあたらせない

日本酒は紫外線にとても弱く、蛍光灯の明かりでさえも劣化してしまうものです。
直射日光はもちろん、蛍光灯の明かりも当たらない暗所に保管するのが最もおすすめです。
化粧箱に入れたままにするか、新聞紙などにくるんでおいておくのも良いです。

②急激な温度変化がある場所や高温の場所は避ける
涼しく温度変化の少ない場所に保管するのがベストです。
特に生酒系・吟醸系は保管場所の温度が低ければ酵母の働きが遅くなり、味の成分の変化も少なくて済みます!
未開封であっても冷蔵保存がベストです。

③湿気の多い場所に置かない
未開封であれば多湿かどうかは日本酒の品質に大きく影響は与えませんが、キャップ付近にカビが生えたりキャップ自体がさびることがあります。
安全面からも湿気の少ない場所に置いておくのがおすすめです。

保管状態の悪い日本酒に起こりうる変化

保管環境が日本酒に適していない場合、日本酒は劣化してしまいます。
例えば見た目に「どろっとしている、赤褐色がかっている」などという特徴があります。

そのほか、香りにも変化は起こります。

日光臭
太陽光や紫外線にさらされることによって生じる劣化臭のこと。
太陽光にさらされると酒の色は短時間でも変化してしまいます。
また、紫外線を含む蛍光灯でも同様に劣化するので、近頃ではLEDを使用する日本酒用の冷蔵庫も増えてきました。
劣化がひどいものだと焦げ臭いようなにおいがします。

老ね香(ひねか)
酒の温度管理状態が悪いと発生する劣化臭。
貯蔵中の瓶詰め後の流通や、自宅保管での管理状態が悪いと酒が劣化し発生します。
特に温度の高い環境で貯蔵すると出てきやすいと言います。
古酒の熟成香と老ね香(ひねか)の香りの嗅ぎ分けは難しいので注意が必要です。

香りや風味が多少変化していて飲めるかどうかに困ったら、日本酒を管理してた環境で判断するのが良いですね。

まとめ

日本酒の賞味期限は基本的にはありません。


5年経過したものでも、保存状態が良ければ飲酒可能な場合が多いです!
ただ、開封後5年経過したものは飲まないのが良いでしょう。


冷暗所に保管されていて未開封であれば大丈夫です。


少しテイスティングしてみて、風味や味わいが苦手であれば料理酒に活用するのもおすすめです!


せっかくの日本酒、捨ててしまう前に飲めるかどうかの判断しをしたいですね。

日本酒の賞味期限は?3年経った日本酒はおいしく害なく飲めるのか?

こんにちは!
日本酒大好きあおいです。


一升瓶などで日本酒をいただいた時、ついうっかり置きっぱなしにしてしまっていて日にちが経ってしまうことありますよね。


量が多いので飲めそうなときにいただこうと思って放っていると、つい日にちが経ってしまっていて、気づけは製造年月よりも2年も経っていた!なんてことも起こりうるかもしれません。

ラベルに記載されている製造年月よりも3年経った日本酒は飲めるのでしょうか?
そもそも日本酒に賞味期限はあるのでしょうか?

日本酒の賞味期限

日本酒はラベルを見ても情味期限が記載されていませんよね。


アルコール度数が高い日本酒は保存状態にもよりますが、腐って飲めなくなったり、古くなったからと言って体に害が出るというものではありません。

食品表示法では記載するのは製造年月のみとなっていて、賞味期限・消費期限はないのです!

法律的には日本酒には賞味期限や消費期限がないとは驚きですよね。

日本酒は時間の経過とともに味や風味が変化する

賞味期限・消費期限がないからと言って、未開封ならいつまでも作りたての味を楽しめるのかと言ったらそうではありません。

日本酒によりますが、時間の経過と主に独特の風味がついてしまうものはありますし、味が落ちることもあります。

長期間保存がきき未開封であっても、日本酒は味や風味が変化していくので飲酒するときは心しておきたいですね。

3年間未開封の日本酒は飲めるのか

日本酒は長期保管が効くお酒なので、未開封であれば3年経過したものでも飲酒可能です!

純米酒など2度火入れされている日本酒であれば常温保存が可能なので、冷暗所に保管していたものであれば安心して飲めます。

生酒系・吟醸系は冷蔵保存必須な日本酒なので、もし冷蔵で保管されていなければ3年経過してると味わいや風味は大幅に変化していると考えられます。

飲んでも大丈夫なのか心配な場合はグラスに日本酒を注ぎ、ポイントに注意してお酒の状態を見てみてください。


ポイント①色が透明か黄色味を帯びている程度なら問題ない
ポイント②色が褐色や茶が濃い場合は料理酒として使うのも避ける
ポイント③香りや風味に明らかに違和感を感じるときは飲酒しない

色や香りに違和感を感じるときは、飲酒も料理酒として使うのも避けた方が良いでしょう。

日本酒保管に適した環境

日本酒に含まれる酵母は生きているので日々変化し続けます。

とてもデリケートで繊細な日本酒は、保存されている環境によって劣化の速度が速まったり、変化のスピードをゆっくりにしたりできます。

日本酒を保管する際に気を付けたいこと
①紫外線にあたらせない

日本酒は紫外線にとても弱く、蛍光灯の明かりでさえも劣化してしまうものです。
直射日光はもちろん、蛍光灯の明かりも当たらない暗所に保管するのが最もおすすめです。
化粧箱に入れたままにするか、新聞紙などにくるんでおいておくのも良いです。

②急激な温度変化がある場所や高温の場所は避ける
涼しく温度変化の少ない場所に保管するのがベストです。
特に生酒系・吟醸系は保管場所の温度が低ければ酵母の働きが遅くなり、味の成分の変化も少なくて済みます!
未開封であっても冷蔵保存がベストです。

③湿気の多い場所に置かない
未開封であれば多湿かどうかは日本酒の品質に大きく影響は与えませんが、キャップ付近にカビが生えたりキャップ自体がさびることがあります。
安全面からも湿気の少ない場所に置いておくのがおすすめです。

保管状態の悪い日本酒に起こりうる変化

保管環境が日本酒に適していない場合、日本酒は劣化してしまいます。
例えば見た目に「どろっとしている、赤褐色がかっている」などという特徴があります。

そのほか、香りにも変化は起こります。

日光臭
太陽光や紫外線にさらされることによって生じる劣化臭のこと。
太陽光にさらされると酒の色は短時間でも変化してしまいます。
また、紫外線を含む蛍光灯でも同様に劣化するので、近頃ではLEDを使用する日本酒用の冷蔵庫も増えてきました。
劣化がひどいものだと焦げ臭いようなにおいがします。

老ね香(ひねか)
酒の温度管理状態が悪いと発生する劣化臭。
貯蔵中の瓶詰め後の流通や、自宅保管での管理状態が悪いと酒が劣化し発生します。
特に温度の高い環境で貯蔵すると出てきやすいと言います。
古酒の熟成香と老ね香(ひねか)の香りの嗅ぎ分けは難しいので注意が必要です。

香りや風味が多少変化していて飲めるかどうかに困ったら、日本酒を管理してた環境で判断するのが良いですね。

まとめ

日本酒の賞味期限は基本的にはありません。


3年経過したものでも、保存状態が良ければ飲酒可能な場合が多いです!
ただ、開封後3年経過したものは飲まないのが良いでしょう。


冷暗所に保管されていて未開封であれば大丈夫です。


少しテイスティングしてみて、風味や味わいが苦手であれば料理酒に活用するのもおすすめです!


せっかくの日本酒、捨ててしまう前に飲めるかどうかの判断しをしたいですね。

日本酒の賞味期限は?2年経った日本酒はおいしく害なく飲めるのか?

こんにちは!
日本酒大好きあおいです。


一升瓶などで日本酒をいただいた時、ついうっかり置きっぱなしにしてしまっていて日にちが経ってしまうことありますよね。


量が多いので飲めそうなときにいただこうと思って放っていると、つい日にちが経ってしまっていて、気づけは製造年月よりも2年も経っていた!なんてことも起こりうるかもしれません。

ラベルに記載されている製造年月よりも2年経った日本酒は飲めるのでしょうか?
そもそも日本酒に賞味期限はあるのでしょうか?

日本酒の賞味期限

日本酒はラベルを見ても情味期限が記載されていませんよね。


アルコール度数が高い日本酒は保存状態にもよりますが、腐って飲めなくなったり、古くなったからと言って体に害が出るというものではありません。

食品表示法では記載するのは製造年月のみとなっていて、賞味期限・消費期限はないのです!

法律的には日本酒には賞味期限や消費期限がないとは驚きですよね。

日本酒は時間の経過とともに味や風味が変化する

賞味期限・消費期限がないからと言って、未開封ならいつまでも作りたての味を楽しめるのかと言ったらそうではありません。

日本酒によりますが、時間の経過と主に独特の風味がついてしまうものはありますし、味が落ちることもあります。

長期間保存がきき未開封であっても、日本酒は味や風味が変化していくので飲酒するときは心しておきたいですね。

2年間未開封の日本酒は飲めるのか

日本酒は長期保管が効くお酒なので、未開封であれば2年経過したものでも飲酒可能です!

純米酒など2度火入れされている日本酒であれば常温保存が可能なので、冷暗所に保管していたものであれば安心して飲めます。

生酒系・吟醸系は冷蔵保存必須な日本酒なので、もし冷蔵で保管されていなければ2年経過してると味わいや風味は大幅に変化していると考えられます。

飲んでも大丈夫なのか心配な場合はグラスに日本酒を注ぎ、ポイントに注意してお酒の状態を見てみてください。


ポイント①色が透明か黄色味を帯びている程度なら問題ない
ポイント②色が褐色や茶が濃い場合は料理酒として使うのも避ける
ポイント③香りや風味に明らかに違和感を感じるときは飲酒しない

色や香りに違和感を感じるときは、飲酒も料理酒として使うのも避けた方が良いでしょう。

日本酒保管に適した環境

日本酒に含まれる酵母は生きているので日々変化し続けます。

とてもデリケートで繊細な日本酒は、保存されている環境によって劣化の速度が速まったり、変化のスピードをゆっくりにしたりできます。

日本酒を保管する際に気を付けたいこと
①紫外線にあたらせない

日本酒は紫外線にとても弱く、蛍光灯の明かりでさえも劣化してしまうものです。
直射日光はもちろん、蛍光灯の明かりも当たらない暗所に保管するのが最もおすすめです。
化粧箱に入れたままにするか、新聞紙などにくるんでおいておくのも良いです。

②急激な温度変化がある場所や高温の場所は避ける
涼しく温度変化の少ない場所に保管するのがベストです。
特に生酒系・吟醸系は保管場所の温度が低ければ酵母の働きが遅くなり、味の成分の変化も少なくて済みます!
未開封であっても冷蔵保存がベストです。

③湿気の多い場所に置かない
未開封であれば多湿かどうかは日本酒の品質に大きく影響は与えませんが、キャップ付近にカビが生えたりキャップ自体がさびることがあります。
安全面からも湿気の少ない場所に置いておくのがおすすめです。

保管状態の悪い日本酒に起こりうる変化

保管環境が日本酒に適していない場合、日本酒は劣化してしまいます。
例えば見た目に「どろっとしている、赤褐色がかっている」などという特徴があります。

そのほか、香りにも変化は起こります。

日光臭
太陽光や紫外線にさらされることによって生じる劣化臭のこと。
太陽光にさらされると酒の色は短時間でも変化してしまいます。
また、紫外線を含む蛍光灯でも同様に劣化するので、近頃ではLEDを使用する日本酒用の冷蔵庫も増えてきました。
劣化がひどいものだと焦げ臭いようなにおいがします。

老ね香(ひねか)
酒の温度管理状態が悪いと発生する劣化臭。
貯蔵中の瓶詰め後の流通や、自宅保管での管理状態が悪いと酒が劣化し発生します。
特に温度の高い環境で貯蔵すると出てきやすいと言います。
古酒の熟成香と老ね香(ひねか)の香りの嗅ぎ分けは難しいので注意が必要です。

香りや風味が多少変化していて飲めるかどうかに困ったら、日本酒を管理してた環境で判断するのが良いですね。

まとめ

日本酒の賞味期限は基本的にはありません。


2年経過したものでも、保存状態が良ければ飲酒可能な場合が多いです!
ただ、開封後2年経過したものは飲まないのが良いでしょう。


冷暗所に保管されていて未開封であれば大丈夫です。


少しテイスティングしてみて、風味や味わいが苦手であれば料理酒に活用するのもおすすめです!


せっかくの日本酒、捨ててしまう前に飲めるかどうかの判断しをしたいですね。

日本酒の賞味期限は?開封後の日本酒はいつまで飲めるのかご紹介!

こんにちは!
日本酒大好きあおいです。


日本酒はいただいてすぐがフレッシュな味わいを楽しめるお酒ですが、飲みきれずに残してしまうことが多いですよね。

開封した日本酒はどれくらいの期間で飲みきるのがいいのでしょうか?
おいしく飲める目安も気になりますよね!

開封後の日本酒の賞味期限をご紹介します。

日本酒の賞味期限

日本酒はアルコール度数が高いため、よっぽどひどい環境に置かれていなければ傷んで飲めなくなることはありません。


食品表示法で記載するのは製造年月のみ。
法律的には日本酒には賞味期限・消費期限はありません。

2度火入れされている常温保存が可能な日本酒であれば家庭保管でも冷暗所においておけば10年・20年と保管が効きます。

しかしこれは未開封で冷暗所で保管していた場合。
開封した日本酒をおいしく飲みきるなら、やはり開封日は意識した方が良いです。

開封後の日本酒の変化

開封した日本酒は酸化して劣化する可能性が高いので早めに飲みきりましょう。

日本酒の劣化は酸素に触れると急激に進みます。
酸化することで味が変化して蔵外とする味わいとは違うものになっていきます。

また、日本酒に含まれる酵母は生きているため、瓶詰め後も少しづつ発酵を続けています。


開栓した後は瓶の中に空気が入るので、炭酸ガスたくさんの空間から空気いっぱいのところへ放り出されます。


開栓前と全く違う方向に味が変わっていき、バランスが悪くなっても不思議ではありません。

日本酒の種類ごとに飲みきった方が良い期間が違う

日本酒は酸素に触れると劣化してしまうので開栓後は早く飲みきってしまうに限ります。
生酒系・吟醸系なのか2度火入れされている日本酒かで飲みきった方が良い期間は違います。

生酒系・吟醸系の日本酒は生きた酵母がたくさん入っており、とにかく鮮度が大事な日本酒。
酵母の働きが活発になる開栓後は特に早めに飲みきるのがベストです。

一方、純米酒や本醸造酒は2度の火入れで加熱処理が行われているため品質が安定しています。
スーパーやコンビニなどで常温で並べられているのも2度火入れのものが多いですよね。
開栓後も生酒系に比べると比較的保管期間が長いです。

開栓後おいしく飲める期間

生酒系と純米酒などでは飲みきった方が良い期間が違うとお伝えしましたが、具体的にはどれくらいの期間なのでしょうか?

生酒系・吟醸系
生酒は生きているので早めに飲むに限ります!
開栓後、冷蔵保管で1か月以内、長くて2か月以内には飲みきりたいものです。

味や風味が変わったと感じるのが早いので、変化を楽しむのも良いですね。

純米酒・本醸造酒
酒の種類にもよりますが、開封後常温保存なら3か月以内に飲むのがベター。
おすすめは冷蔵庫での保管で、冷蔵保存だったら長くて6か月くらい持ちます。

瓶火入れの日本酒は繊細でデリケートなものが多いため、生酒と同様早めに飲みきりましょう。

開栓後の保管方法

日本酒を飲みきれず残してしまうときは、必ず冷蔵庫で保管するのがおすすめです!

日本酒はとにかく急激な温度変化・高温や光に弱いもの。
太陽光・蛍光灯などの紫外線によっても劣化してしまいます。

光と温度に気を付けた保管をするのがとても重要です。

家庭で開封後の日本酒を補完するのに最適な場所といえば冷蔵庫
一般家庭の冷蔵温度は10度前後と言われているので、日本酒を補完するのに良い場所です。

特に生酒系吟醸系は5℃以下や5℃~10℃の低温でゆっくり発酵させて作られるため温度が低ければ酵母は動かなくなり、味の成分も変化小さくて済みます。

一升瓶のように大きすぎて冷蔵庫に入れにくい場合は小さい容器に移し替えて冷蔵庫保管を。
触れる空気の量が減るので酸化による味の変化も抑えられます。


きれいに洗って乾かしてある瓶や、密閉できる容器に移し替えるのがベストです。
短時間の保管ならキャップの上からラップをして蓋をしても良いです。

①温度変化のある場所、特に高温になる場所に置かないこと
②酸素に触れる量を減らすこと

が重要ですね。

まとめ

日本酒は保管環境によって味や風味がかなり変わってしまう繊細でデリケートなものが多いもの。

特に開栓後はしっかりしたケアが必要です。

賞味期限という観点で見れば、開栓後放置していて見た目やにおいに違和感を感じなければ飲酒可能ですが、おいしく飲むのであれば早めに飲むのがベストです。

経験上、日本酒は開栓後1日で冷蔵保存していても風味が変化するものが多いのでなるべく早く飲みきるに限ります!

しかし中にはそういった味の変化を楽しむ愛好家もいらっしゃいます。

冷酒や燗などの見方も変化を付けられる日本酒。
開封後も飲み方を変えれば、味わいが多少劣化していても楽しめそうですね。

日本酒の賞味期限切れはいつ?おいしく飲める目安と保管方法をご紹介

こんにちは!
日本酒大好きあおいです。


日本酒はいただいたものの量が多かったり、ゆっくり飲む機会をうかがっているとなかなか開封できなかったりしますよね。

気付けは結構な年月が過ぎてしまっていたということも起こりえます。

いただいたりしてから、そのままになってしまっている日本酒。
ラベルを見れば賞味期限は記載がないので、いつまで飲めるのか悩みますよね。

日本酒には賞味期限はあるのでしょうか?
おいしく飲める目安をご紹介します!

日本酒には賞味期限がない

日本酒のラベルと見てみると、製造年月日は記載されていても賞味期限については記されていないものばかりですよね。


実は日本酒はアルコール度数が高いため、傷んで飲めなくなることがほとんどありません!
食品表示法で記載するのは製造年月のみで良いということになっています。


日本酒は腐って飲めなくなるとか、飲んだら体の害になるという心配がありません。

つまり、年数が経った日本酒も賞味期限・消費期限が切れるということはないのです。

日本酒も時間が経過すると味も風味も変化する

賞味期限がないからと言って、味や風味がいつまでも同じという訳ではありません。

時間の経過とともに独特な風味がついたり味が落ちてしまうことがあります。
長期間保存していると味や風味には変化がつきものなので、いつまでも作りたての日本酒の味を楽しめるという訳ではないんですね。

常温保存でも長期間置いておける日本酒

日本酒をいただいたら冷蔵庫にすぐ保管する方は多くないと思います。
大体の方が室温・常温での保管になりますよね。


常温保存が可能で品質が安定している日本酒は純米酒・本醸造酒です。

スーパーやコンビニなどで売られている銘柄やパック酒の多くは常温で並べられています。
これは、2度火入れという処理が行われていて日本酒の品質が安定しているため常温保存が可能なのです。

常温保存が向いておらず早めに飲んだ方が良い日本酒

日本酒はアルコール度数が高いため、賞味期限・消費期限が基本的にはないとお伝えしましたが、実は早めに飲んだ方が良い種類の日本酒もあります。

生酒・生詰系、吟醸系の日本酒は5℃以下あるいは5~10℃の低温で作られる日本酒で、瓶詰め後も酵母が発行を続けているのでかなり繊細なお酒となっています。

温度変化がたくさんある場所や高温になる場所に置いておくとバランスが悪くなったり、風味がかなり変化してしまいます!

日本酒をおいしく飲める目安

2度火入れの日本酒も賞味期限がないとはいえ、作り立ての味や香りを楽しみたいなら早めに飲みきるのがおすすめです!

純米酒・本醸造酒など2度火入れが行われている日本酒
未開封であれば製造年月より1年以内がベターです。
賞味期限でいえば特にないので、それこそ10年でも20年でも保管が可能です。
開封後は常温なら3か月以内、冷蔵保存なら長くて6か月以内に飲みきるのがおすすめです。

生酒系・吟醸系の日本酒
鮮度が命の生酒系・吟醸系の日本酒は酵母が生きていて日々少しずつ発酵を続けているので早めに飲みきるのがおすすめです。
未開封でも冷蔵で保管し6~9か月以内に飲みきりましょう。
開封後は1か月以内、長くても2か月以内に飲みきってしまうと蔵の意図するその酒の味わいが楽しめます。

常温保存可能な日本酒の保管方法

常温保存が日本酒もどんな環境に置いていてもいつまででも飲酒可能なわけではありません。
日本酒は紫外線や温度変化に弱いデリケートなお酒です。
雑に扱えば、当然飲めなくなることもあります。

常温保管のできる日本酒は自宅保管すると決めた時点で保存方法に気を付ければ品質に悪い影響を与えません。

正しい保管方法
ポイント①光を避ける

日本酒は光にとても弱く、紫外線の影響によってかなり劣化が進んでしまいます。
蛍光との明かりでも少しずつ色が変化してしまいます。
太陽光・照明の明かりもシャットダウンするため、新聞紙でくるんだり化粧箱に入れたまま暗所に保管するのがおすすめです。

ポイント②温度変化のすくない涼しい場所に置く
日本酒は激しい温度変化や高温の場所も苦手です。
涼しく温度変化の少ない場所に保管するのがベストです。
純米酒など2度火入れされている日本酒は15℃以下、吟醸系の日本酒は10℃以下、生酒系は5℃以下と言われています。
一般家庭の冷蔵庫は10℃以下(JAS法)なので、生酒系・吟醸系も家庭用冷蔵庫で十分保管に適しています。

ポイント③湿度の少ない場所に保管
封を切っていない未開封の純米酒など常温で保存がきくものは押し入れや戸棚などにしまうこともありますよね。
未開封であれば日本酒の品質に直接関係はないですが、湿度の高くない場所に保管するのが良いです。
ラベルあキャップ付近にカビが生えたりキャップ自体さびてしまうことがあるので、安全面から湿度の高くない所で保管しましょう。

香り・色の変化に違和感があれば飲酒をしない

日本酒は長期保管が可能なお酒ですが、もし年数が経ちすぎていて飲むのが不安なら、グラスに少し出してお酒の状態を見てみてください。
以下のような状態になっているものは飲酒しないようにしましょう。

保存状態が悪い日本酒は日光臭老ね香(ひねか)といった臭いを発生させます。


日光臭の特徴
日光や蛍光灯などの紫外線にさらされることによって生じる劣化臭のことを言います。
日本酒は紫外線に弱いもの。
日本酒用の冷蔵庫も蛍光灯ではなくLEDを使用したものが増えています。
日光臭の香りはひどいものだと焦げ臭いような強いにおいを感じます。

老ね香(ひねか)の特徴
酒の保管状態が悪いと発生する劣化臭。
温度変化に弱い日本酒を、特に温度の高い環境で貯蔵すると出てきやすいと言います。
高温で長期保存すると発生しやすいので、家庭での保管場所も注意しなければなりません。
古酒の熟成香と老ね香の嗅ぎ分けは難しいので注意が必要です。

まとめ

日本酒は賞味期限がないため、賞味期限が“切れる”という概念がないのには驚きですよね。
純米酒など2度火入れされている日本酒は保存環境が良ければ“古酒”として楽しむことができます!
しかし、蔵が提供したい味わいで楽しむなら早めに飲みきるのがおすすめです。
ご家庭での日本酒の保存環境を考慮して、製造年月より時間が経っていても飲めるかそうでないか判断したいですね。

日本酒の賞味期限は?未開封で20年経った日本酒は飲酒できるの?

こんにちは!
日本酒大好きあおいです。
日本酒をいただいたけど、一升瓶などで飲みきれないと思い開封をためらっているうちに年数が思いのほか経ってしまうことってありますよね。

未開封だけど20年も経ってしまった日本酒は飲酒可能なのでしょうか?
そもそも日本酒に賞味期限はあるの?
体に害はないのか?など気になる疑問点はたくさんありますよね!

20年経った未開封の日本酒は飲めるのでしょうか?


日本酒に賞味期限はあるの?

そもそも、日本酒に賞味期限はあるのでしょうか?


日本酒はアルコール度数が高いため、傷んで飲めなくなることはありません!
腐って飲めなくなるとか、古くなったものを飲んだからと言って体に害は及ばないことが多いです。


食品表示法で記載されるように定められているのは“製造年月”のみ。
つまり、法律的には賞味期限・消費期限はないのです!

常温保存していた日本酒はいつまで飲める?

日本酒を家庭で長期置いていたとなれば、置き場所は押し入れなど常温の場所になりますよね。
20年間も置きっぱなしにしていたとなれば、冷蔵保存よりも常温保存されていた可能性が高いと思われます。

2度火入れという加熱処理が行われている日本酒は常温保存ができます。
例えば、スーパーやコンビニといった常温で並べられている日本酒は2度の火入れ処理が行われているものが多く、品質が安定していて常温保存が可能になっています。

逆に、生酒や吟醸酒といった5度以下の冷蔵保存が適している日本酒は鮮度が命。
生酒系や吟醸系の日本酒は製造年月から6~9か月以内に飲みきるのがベストです。

生酒系や吟醸系の日本酒が長期保存に向かない理由

生酒系や吟醸系の日本酒が長期保存に向いておらず、早く飲んだ方が良い理由は日本酒に含まれる酵母によるものです。


酵母は酒が瓶詰めされた後も発酵を続け、炭酸ガスを生み続けます。
生酒に含まれる酵母は生きているもの。


5℃~10℃以下の低温でゆっくり発酵させて作られる繊細なお酒なので、温度変化がとても苦手。


長期間かけて熟成させるというよりは冷蔵で保管してできるだけ早く飲みきってしまうのがおすすめです。

もしうっかり生酒系や吟醸系の日本酒を長期間放置してしまっていたら、飲めなくはないですが、色味や風合いをきちんと見て飲酒可能かどうか判断したいものです。

2度火入れの日本酒もどんな保存環境でも状態がいいわけではない

常温保存が可能な2度火入れされている日本酒であれば20年経過していても飲酒ができる可能性があります。


ただし、日本酒は環境により状態が左右されてしまうとてもデリケートなお酒。
紫外線に弱く、急激な温度変化も苦手です。


いくら常温保存が可能とはいっても、2度火入れの日本酒も保存環境が悪ければに料理に使用したり飲酒もできなくなります。

紫外線に当たっていたり、急激な温度変化や高温の場所に長期間置かれていれば2度火入れされている日本酒も状態は悪くなります。

20年間未開封であれば古酒になっている可能性がある

2度火入れ処理が行われている日本酒も適した環境で保管されていれば自家製熟成酒として楽しむことが可能です。


長期熟成された日本酒を古酒と言いますが、古酒は日本酒を長期保存することで作られる酒のこと。
紫外線に当てず、冷蔵庫で保管してあれば古酒になります

満3年以上蔵元で熟成させた、糖類添加酒を除く清酒のことを古酒と言います。

もちろん、家庭でも一定の条件を満たしていれば古酒は作れます。


・10度前後の気温が安定した場所に置いてあること
・直射日光や蛍光灯などの紫外線を浴びない場所に保管されていたこと。
・湿気が少なくキャップにカビが生えていないこと

家庭で20年放置してしまっていた日本酒でも、上記の条件に当てはまる環境に置かれていたら、古酒として楽しめる可能性が高いです!

自家熟成酒は一般に7~8年ごろが飲み頃と言われていますが、愛好家の中には熟成期間によってかわる風味を楽しむ方もいます。

古酒の特徴

紫外線に当てず冷蔵状態で保管されていた日本酒は自家製の古酒になります。


味の変化は日本酒の銘柄によって様々ですが、角が取れてまろやかになるものもあります。
味わいや香りがオリジナルと全く異なるので、味の変化を楽しむことができます!

古酒は褐色がかった色味をしており、コーヒーやスパイスのような豊潤な香りや香ばしいような香りがします。
とろりとしていて、キャラメルのような甘みのある味わいになることも。


しかし、保存状態が悪い日本酒は日光臭老ね香(ひねか)といった臭いを発生させます。


日光臭の特徴
日光や蛍光灯などの紫外線にさらされることによって生じる劣化臭のことを言います。
日本酒は紫外線に弱いもの。
日本酒用の冷蔵庫も蛍光灯ではなくLEDを使用したものが増えています。
日光臭の香りはひどいものだと焦げ臭いような強いにおいを感じます。

老ね香(ひねか)の特徴
酒の保管状態が悪いと発生する劣化臭。
温度変化に弱い日本酒を、特に温度の高い環境で貯蔵すると出てきやすいと言います。
高温で長期保存すると発生しやすいので、家庭での保管場所も注意しなければなりません。
古酒の熟成香と老ね香の嗅ぎ分けはう難しいので注意が必要です。

長期熟成された古酒と劣化臭は嗅ぎ分けが難しいですが、保存環境をみて判断するのも良いですね。

まとめ

20年経った未開封の日本酒も保存環境次第では、熟成酒として楽しめる可能性があるのは嬉しいですね!


自家熟成酒になっている可能性が高い日本酒の保管環境は
①紫外線を浴びない暗所に置かれている(化粧箱に入っているものや新聞紙にくるまっているも)
②涼しく温度変化の少ない場所に置かれていた
③ラベルやキャップなどにカビが生えない湿気の少ない場所に保管されていた

日本酒が置かれていた環境を考慮して、まだ楽しめるのかどうか判断したいですね。

日本酒の賞味期限!未開封で10年保管していた日本酒は飲めるの?

こんにちは!
日本酒大好きあおいです。
いただきものの日本酒を何年も放置したままになっていて、気づけば製造年月から10年経っていた!なんて経験ありますよね。


アルコールだから日本酒は飲めるの?
常温で置いていたものだけど体に害はないのか?
そもそも日本酒に賞味期限はあるの?


など、年数が経ったものならば気になることはたくさんありますよね!
10年経過してしまった日本酒は飲めるのでしょうか?

そもそも日本酒に賞味期限はあるの?

そもそも、日本酒に賞味期限はあるのでしょうか?


日本酒はアルコール度数が高いため、傷んで飲めなくなることはありません!
腐って飲めなくなるとか、古くなったものを飲んだからと言って体に害は及ばないことが多いです。


食品表示法で記載されるように定められているのは“製造年月”のみ。
つまり、法律的には賞味期限・消費期限はないのです!

常温保存していた日本酒は飲める?

気になるのは、「常温保存していた日本酒はいつまで飲めるのか?」ですよね。
常温保存に適した種類の日本酒であれば、10年経過していても飲酒可能かもしれません。

2度火入れという加熱処理が行われている日本酒は常温保存ができます。
例えば、スーパーやコンビニといった常温で並べられている日本酒は2度の火入れ処理が行われているものが多く、品質が安定していて常温保存が可能になっています。

逆に、生酒や吟醸酒といった5度以下の冷蔵保存が適している日本酒は鮮度が命。
生酒系や吟醸系の日本酒は製造年月から6~9か月以内に飲みきるのがベストです。

生酒系や吟醸系の日本酒が長期保存に向かない理由

生酒系や吟醸系の日本酒が長期保存に向いておらず、早く飲んだ方が良い理由は日本酒に含まれる酵母によるものです。


酵母は酒が瓶詰めされた後も発酵を続け、炭酸ガスを生み続けます。
生酒に含まれる酵母は生きているもの。


5℃~10℃以下の低温でゆっくり発酵させて作られる繊細なお酒なので、温度変化がとても苦手。


長期間かけて熟成させるというよりは冷蔵で保管してできるだけ早く飲みきってしまうのがおすすめです。

もしうっかり生酒系や吟醸系の日本酒を長期間放置してしまっていたら、飲めなくはないですが、色味や風合いをきちんと見て飲酒可能かどうか判断したいものです。

2度火入れされていれば保存状態はどんなものでも飲める?

常温保存が可能な2度火入れされている日本酒であれば10年経過していても飲酒ができる可能性があります。


ただし、日本酒は環境により状態が左右されてしまうとてもデリケートなお酒。
紫外線に弱く、急激な温度変化も苦手です。


いくら常温保存が可能とはいっても、2度火入れの日本酒も保存環境が悪ければに料理に使用したり飲酒もできなくなります。

自家製熟成酒の条件

2度火入れ処理が行われている日本酒も適した環境で保管されていれば自家製熟成酒として楽しむことが可能です。


長期熟成された日本酒を古酒と言いますが、古酒は日本酒を長期保存することで作られる酒のこと。
紫外線に当てず、冷蔵庫で保管してあれば古酒になります。

満3年以上蔵元で熟成させた、糖類添加酒を除く清酒のことを古酒と言います。

もちろん、家庭でも一定の条件を満たしていれば古酒は作れます。


・10度前後の気温が安定した場所に置いてあること
・直射日光や蛍光灯などの紫外線を浴びない場所に保管されていたこと。
・湿気が少なくキャップにカビが生えていないこと

家庭で10年放置してしまっていた日本酒でも、上記の条件に当てはまる環境に置かれていたら、古酒として楽しめる可能性が高いです!

自家熟成酒は一般に7~8年ごろが飲み頃と言われています。

古酒の特徴

紫外線に当てず冷蔵状態で保管されていた日本酒は自家製の古酒になります。


味の変化は日本酒の銘柄によって様々ですが、角が取れてまろやかになるものもあります。
味わいや香りがオリジナルと全く異なるので、味の変化を楽しむことができます!

古酒は褐色がかった色味をしており、コーヒーやスパイスのような豊潤な香りや香ばしいような香りがします。
とろりとしていて、キャラメルのような甘みのある味わいになることも。


しかし、保存状態が悪い日本酒は日光臭老ね香(ひねか)といった臭いを発生させます。


日光臭の特徴
日光や蛍光灯などの紫外線にさらされることによって生じる劣化臭のことを言います。
日本酒は紫外線に弱いもの。
日本酒用の冷蔵庫も蛍光灯ではなくLEDを使用したものが増えています。
日光臭の香りはひどいものだと焦げ臭いような強いにおいを感じます。

老ね香(ひねか)の特徴
酒の保管状態が悪いと発生する劣化臭。
温度変化に弱い日本酒を、特に温度の高い環境で貯蔵すると出てきやすいと言います。
高温で長期保存すると発生しやすいので、家庭での保管場所も注意しなければなりません。
古酒の熟成香と老ね香の嗅ぎ分けはう難しいので注意が必要です。

長期熟成された古酒と劣化臭は嗅ぎ分けが難しいですが、保存環境をみて判断するのも良いですね。

まとめ

未開封で10年間保存されていた日本酒も、古酒として楽しめたり、香りや味が単に劣化してしまうものなど保存環境によって大きく左右される日本酒。
製造年月日から10年経っているからと、もう楽しめないとあきらめるのは早いかもしれません。


自家熟成酒になっている可能性が高い日本酒の保管環境は
①紫外線を浴びない暗所に置かれている(化粧箱に入っているものや新聞紙にくるまっているも)
②涼しく温度変化の少ない場所に置かれていた
③ラベルやキャップなどにカビが生えない湿気の少ない場所に保管されていた

日本酒が置かれていた環境を考慮して、まだ楽しめるのかどうか判断したいですね。

日本酒の賞味期限は?未開封でも常温保存していたものは飲めるのか?

こんにちは!
日本酒大好きあおいです。
いただきものの日本酒をついうっかり忘れていて常温保存のまま置いてしまっていたり、飲みきれなくて未開封のまま置いていることってありますよね。
一升瓶などでいただくことが多い日本酒。


未開封とはいえ、常温で置いておいた日本酒はいつまで飲めるのか分からないですよね。
口にするものだから、飲むときは体に害がないかなど心配になりますよね。
未開封の日本酒がいつまで飲めるのか、賞味期限はあるのでしょか?

日本酒の賞味期限は?未開封でも常温保存していたものは飲めるのか?

日本酒の賞味期限は?

日本酒はアルコール度数が高いため、傷んで飲めなくなることはありません。
食品表示法でも記載するのは製造年月のみ。
つまり、法律的には日本酒は賞味期限・消費期限がないのです!


ただ、腐って飲めなくなることがないとはいえ、味は変化してしまい、風味が落ちることもあります。
お酒の種類にもよりますが、時間が経つと独特の風味がついたり、角が取れてまろやかな味になったりするものなどさまざまです。

常温保存されていたものも飲めるのか?

スーパーやコンビニなどで売られている銘柄やパック酒の多くは2度火入れという加熱処理が行われています。
そのため品質が安定しているので常温保存が可能なのです。
基本的に2度火入れされている日本酒は開栓前も後も常温保存が可能です。
直射日光を避けた冷暗所であれば冷蔵庫に入れなくても大丈夫です。


しかし、常温保存に適さない種類の日本酒もあります。
日本酒に欠かせない酵母は瓶詰め後も発酵を続け、炭酸ガスを生み続けます。
生酒系の日本酒は常温保存していると風味や味わいがかなり劣化してしまいます。

常温保存が適さない日本酒の種類は?

純米酒や本醸造酒、普通酒は常温保存も可能ですが、常温保存が適さず冷蔵庫保管がベストな日本酒もあります。
日本酒に含まれる酵母は瓶詰め後も少しづつ発酵を続けています。
発酵が続けば味に変化が出て劣化を感じてしまいますよね。
日本酒は温度変化や紫外線に弱いもの。
かなりデリケートなお酒なので、冷暗所が適した種類の日本酒もあります。

特に生酒系の日本酒は5度以下での保存が適しているため、必ず冷蔵庫での保管が必要です。

未開封の日本酒をおいしく飲む目安は?

未開封であれば、開封後のものよりは長期間保存が可能です。
生酒や生詰め酒、吟醸系の日本酒は鮮度がとにかく大切。
開封していなくても冷蔵庫で保管し、製造年月より6~9か月以内に飲みきるのがベターです。
2度火入れされたお酒は製造年月より1年以内であればおいしくいただけます。

熟成酒とは?

古酒や熟成酒というのを聞いたことはありますか?
日本酒を何か月、何年かけて保存し熟成させ、味の変化を楽しむことができるものです。


放っておいたら古くなってしまったのか、熟成酒を作るために管理していたかの違いはありますが、角が取れて味の変化を楽しむならツウなら好きな方も多いかもしれません。


無濾過タイプや2度火入れが行われている純米酒、本醸造酒などが古酒に適していると言われます。
自家熟成酒は一般に7~8年たったものが飲み頃と言われています。
しかし熟成させる目的がないのであれば、冷暗所に保管するのがベターです。

日本酒の保存方法は?

日本酒の保存に適してる環境は直射日光や紫外線に当たらず、温度変化が少ない冷暗所です。
ワインのように寝かせて置かなくても良いので、立てたままで保管します。


純米酒・本醸酒・普通酒
常温保存が可能な日本酒は15度以下の涼しく暗い場所に保管すれば大丈夫です。
床下収納があればベストですが、なければ空調あ外気の影響が少なく、温度の変化が少ない場所を選んで保管するのがベターです。

生酒・生詰め・生貯蔵
生酒は瓶詰め後も酵母が少しずつ発酵を続け、炭酸ガスを生み続けます。
味に変化をもたらしてしまうので、酵母の働きを抑えることが重要です。
酵母の働きを抑えられる5度以下の冷蔵庫保管がベスト。
ドアポケットは温度変化があるので、できれば避けるのが良いでしょう。

吟醸酒・大吟醸酒
吟醸系のお酒は5~10度の低温でゆっくり発酵させて作られるので、とても繊細なお酒です。
できればこちらも冷蔵庫保管がおすすめです。

保存時に気を付けるポイント

日本酒はとても繊細なお酒です。
保管方法を間違えると味が劣化してしまい、せっかくの風味を楽しめなくなってしまいます。
日本酒を補完するのに気を付けたい3つのポイントがあります。


①光を避ける
日本酒は特に紫外線によって著しく劣化するので、直射日光はもちろんのこと蛍光灯の明かりだけでも少しづつ色が変化していきます。
化粧箱に入れたままにするか、新聞紙などにくるんで保管するのが良いです。

②急激な温度変化に気を付ける
激しい温度変化が苦手な日本酒は温度変化の少ない涼しい場所に置くのがベストです。
エアコンなどの温度変化や夏の暑すぎる気温などの外気にも触れさせるのは良くありません。
家庭で保管するなら、冷蔵庫で十分です。

③多湿な場所は避ける
未開封の場合は日本酒の質に湿度はあまり関係ありませんが、押し入れなどに保管していた場合ラベルやキャップ付近にカビが生えたりキャップ自体がさびてしまうことがあります。
安全面を考慮して多湿な場所は避けましょう。

まとめ

日本酒は未開封であれば常温で保管が効くものとそうでないものがあります。
開封後よりは保管期間が長くなるとは言え、早めに飲むのがその蔵の意図する味わいが楽しめるもの。
年数がたち過ぎて味や風味が落ちているものは料理酒にも利用できますね。
劣化の具合にもよりますが、せっかくの日本酒、長期保管していたものもうまく使って活かしたいですね。

日本酒の賞味期限・開封後はいつまで飲める?保存方法もご紹介!

こんにちは!
日本酒大好きあおいです。
五合瓶や小瓶の日本酒ならともかく、一升瓶など大容量の日本酒は開封したもののなかなか飲みきれず残してしまうことも多いですよね。
いただきものだと一升瓶であることも多いですが、いざ飲むとなると開封後の賞味期限は気になりますよね。
開封後の日本酒の賞味期限と保存方法をご紹介します!

日本酒の賞味期限・開封後はいつまで飲める?保存方法もご紹介!

日本酒の賞味期限はどれくらい?

そもそも日本酒に賞味期限はあるのでしょうか?
アルコール度数が高い日本酒は、実は法律的には賞味期限・消費期限はありません。
食品表示法で記載するのは製造年月日だけなのです。


製造年月日からどれくらい経っているかを見る感じになります。
ただ、お酒の種類にもよりますが、時間が経つにつれて独特な風味はつくので作りたての日本酒の味や風味を楽しみたいなら要注意です。

開封後の賞味期限

日本酒の劣化は酸素に触れると急激に進むため、開封後は早く飲むのが一番です!
日本酒に含まれる酵母は生きた微生物。
開封して空気に触れると味の変化が加速します。
腐ることはありませんが、おいしく飲むためには開封から一か月以内に飲むのがベストです。

生酒を開封した場合

生酒は瓶詰め後も酵母が少しずつ発行を続け、炭酸ガスを生み続けます。
開栓した後は瓶の中に空気が入るので、炭酸ガスたくさんの空間から空気いっぱいのところへ放り出されます。
空気に触れることで開栓前とは全く違う方向に味が変わっていきます!
生酒は開封後時間がたつとバランスが悪くなっても不思議はありません。
開栓から一か月以内には飲みきりたいです。

2度火入れしてある日本酒を開封した場合

火入れされた日本酒も開栓すると酸化が進み味が変化します。
腐ることはありませんが、おいしく、蔵の意図する味や風味を楽しみたいなら、一か月以内に飲んだ方が良いでしょう。

開封した日本酒の保存方法

日本酒を飲み残したら、生酒・火入れどちらとも冷蔵庫での保管がおすすめです!
日本酒激しい温度変化が苦手です。
酵母は空気に触れると劣化してしまい味の変化が加速します。
保存場所の温度が低ければ酵母は働かなくなり、味の成分の変化も少なくて済みます。
①飲み残したら冷蔵庫で保管
  開栓後、空気に触れると酸化して味が変化するので少しでも酸化を遅らせるために冷蔵庫保管は必須。
特に生酒は必ず冷蔵庫で保管しましょう。
②小さい容器に移し替える
  小さい容器に移し替えることで、触れる空気の量が減ります。
空気に触れなければ味の変化が抑えられるので、密閉できる容器や小さい瓶に移し替えるのがおすすめです。
③冷蔵庫での日本酒の保管
  ワインのように栓がコルクではないので、寝かせて保管する必要はありません。
立てて収納すればよいです。

開栓後の日本酒が劣化した目印は?

開栓後、何か月も放置しておいてすっかり忘れしまうこともありますよね。
味はかなり変化していると思われますが、料理酒として活用することも可能です。
その場合は日本酒が劣化していないか、体に害が出ないか心配ですよね。
目印となる香りや色に注意して利用したいもの。


・グラスに出してみて無色透明または少し黄みを帯びた程度なら味見してみて風味が気にならなければそのまま飲んだり、風味の劣化が気になるようなら料理酒として使える


見た目に茶色ぽくなっている場合や味がかなり変わってしまったと感じるなら、料理酒として使うのも避けるのがベター


焦げ臭いような強いにおいを感じたら、紫外線によって劣化した証拠
飲むのも料理酒として使用するのも避ける。
日光臭と言って太陽や紫外線を浴びたことによる劣化臭。


老ね香(ひねか)といって古酒のような熟成香と似た香りがしたらアウト。
酒の管理状態が悪いと発生する劣化臭ですが、熟成香との嗅ぎ分けが難しいので注意が必要。
古酒は温度管理、光、湿度調整など熟成させるための条件を管理して作る酒なので、何も管理していない状態での香りがしたら口にするのはやめましょう。

まとめ

日本酒を開封後もおいしく飲むなら、火入れ、生酒どちらとも1か月以内に飲みきるのがおすすめです。


特に生酒は早ければ早い方がおすすめ!
味が劣化して変化してしまう前に楽しみたいですよね。


飲みきれない場合は必ず冷蔵庫で保管して、劣化の速度を遅くしましょう。
一升瓶を開けたはいいものの飲みきれない場合、小瓶に移し替えて冷蔵庫で保管するのがベストですね。
せっかくの日本酒、開封後も保存をしっかりして長くおいしく楽しめるようにしたいですね。