日本酒の賞味期限は?未開封のおいしく飲める期限と保存方法紹介!

こんにちは!
日本酒大好きあおいです。
日本酒を飲みきれなくて自宅で保管することもありますよね。
いつまでも置きっぱなしになっていて日にちが過ぎてしまうこともある日本酒。


特に一升瓶でいただいたものなどはなかなか開封できずにいることも多いもの。
お酒なので未開封であれば賞味期限は気にせずにいてもいいものか?悩みますよね。


特に空気に触れていない未開封のものであれば長期保管も行けそうですよね。
未開封の日本酒の賞味期限と保存方法をご紹介します!

日本酒の賞味期限

日本酒ラベルと見てみると、製造年月日のみ記載されていますよね。
実は日本酒はアルコール度数が高いため傷んで飲めなくなることがありません!
そのため、法律的には賞味期限・消費期限がないのです。
食品表示法で記載するように定められているのは製造年月日のみなんですね。

おいしく飲める期限は?

日本酒は乳酸菌などの微生物が含まれているお酒。
賞味期限がないとはいえ、お酒の種類にもよりますが、時間がたつにつれて風味が変化してしまうので早めに飲むのがベターです。


一度も火入れが行われていない生酒の場合は冷蔵保存でも一か月以内に飲めば蔵が意図したとおりの味が楽しめます。
生酒は生きているので早く飲むに限ります。


2度火入れされている酒は常温保存なら3か月以内に飲むのがおすすめです。
冷蔵保存でも長くて6か月くらいを目安にするとよいですね。
瓶火入れの酒は繊細でデリケートなものが多いので、生酒と同様に冷蔵保存して製造年月日から一か月以内がおすすめです。

日本酒の保存方法

日本酒の保管方法は酒の種類によって変わってきます。
お酒の保管で気を付けるのは“光と温度”。
日本酒は光に弱く、紫外線や蛍光灯にさらすと劣化していきます。
酒販店が薄暗い照明なのは劣化防止の意味もあるんですね。
未開封であってもお酒に適した場所に保管することが大切です。

ポイント①光を避ける

日本酒は特に紫外線によって著しく劣化するので直射日光はもちろんのこと、蛍光灯の明かりだけでも少しずつ色が変化していきます。
化粧箱に入れたままにするか新聞紙などに包んで保管すると良いです。

ポイント②温度変化の少ない涼しい場所に置く

日本酒は涼しく温度変化の少ないところに置くのがおすすめです。
一般的な2回火入れの酒は直射日光を避けた冷所であれば冷蔵庫に入れる必要はありません。


常温保管ですることで熟成させ味の変化を楽しむこともできますが、あまり味を変化させたくない場合は冷蔵庫で保管しましょう。
また、未開封であっても火入れをしていない生酒は冷蔵庫での保管がおすすめです。


一般的には冷蔵庫で十分ですが、厳密には純米酒は15度以下、生貯蔵酒・吟醸系は10度以下、生酒は5度以下を目安に保管します。

ポイント③多湿な場所は避ける

封を切っていない未開封の日本酒の品質には湿度はそれほど影響を与えません。
しかしラベルやキャップ付近にカビが生えたり、キャップ自体がさびることがあるので、安全面から多湿な場所はさけるのがおすすめです。

古くなった日本酒の見分け方

日本酒に賞味期限はなく、さらに未開封であればいつまででも飲めるのかと言ったらそうではありません。
基本的には殺菌効果のあるアルコール度数が高い日本酒は古くなったからと言って飲んで健康を害することはありません。


心配な場合はグラスに移して日本酒の色をチェックするのがおすすめ。
無色透明、もしくは少し黄色みを帯びた程度なら味見をしてみて風味が気にならなければそのまま飲んだり、味が落ちているなと感じたら料理酒として使用できます。


見た目に茶色っぽくなっている時や味がかなり変わってしまったと感じるときは、料理酒として使うのも避けましょう。


日光臭(日光臭)
太陽光や紫外線にさらされることによって生じる劣化臭。
太陽光のもとにさらされると酒の色は短時間で変化してしまいます。
また、紫外線を含む蛍光灯でも同様に劣化するのでLEDを使用する日本酒用の冷蔵庫も増えてきました。
ひどいものだと焦げ臭いようなにおいがします。


老ね香(ひねか)
酒の管理が悪いと発生する劣化臭。
温度の高い環境で貯蔵すると出てきやすいといいます。
古酒の熟成香と老ね香の嗅ぎ分けは難しいので注意が必要です。

まとめ

日本酒はアルコール度数が高いため、傷んで飲めなくなることはありません。
未開封の日本酒も賞味期限がないとはいえ、風味や味わいが変わってしまう前に早めに飲みきってしまうに越したことはありません。
本来の味わいを楽しめるうちに早めに飲みきってしまうか正しい保管方法で日本酒を楽しみたいですね!