日本酒の飲み方

日本酒の飲み方は?温度によって味わいが変わる日本酒の楽しみ方!

こんにちは!
日本酒大好きあおいです。
日本酒は温度によってその味わいの幅が広く、同じ日本酒でも温度が違えば全く変わった印象を受けます!
一つの日本酒で、楽しみ方の幅が広いのも面白いですよね。
日本には春夏秋冬が巡り、季節に合わせた様々な飲み方が楽しめるのも、日本酒の特徴の一つ。
5つの節句(七草・桃の節句・端午の節句・七夕・菊の節句)
24の節季(立春・春分・清明・立夏・夏至・大暑・処暑・秋分・小雪・冬至・大寒など)
それぞれにいろいろな意味合いがあり、先人は行事を通して酒に親しんでいました。
その季節に合わせた、日本酒の飲み方の変化も楽しみですね。

【日本酒と温度】

日本酒は温度に対してデリケートに変化します。
5℃変わるだけでも、全く違う印象の味わいになります!
特に燗酒温度を変えるたびに、同じ瓶の酒と思えないほど変貌を遂げます。
どんな温度にするかは、日本酒の奥深さとおいしさを知るための重要なカギとなります。

【日本酒の飲み方:温度は大きく3つ】

日本酒を飲むときの温度は大きく3つに分かれます。
それぞれの温度にするだけで、同じ日本酒でも印象が大きく変わります!

冷酒
冷蔵庫で冷やした日本酒。香りと味がキリっと引き締まります。味の幅は狭くなります。
冷や酒
室温、常温の日本酒。その日本酒そのものの香りと味が分かる温度です。
燗酒
温めた日本酒。丸い膨らみが出て、甘さやうまさが増します。味幅が広がります。

【“冷や”と“冷酒”は違うもの】

昔は冷蔵庫がなく、日本酒を冷たくするという習慣がありませんでした。
元々日本酒はあたためて飲むのが基本。
お酒といえば燗酒のことを指していました。
昔は“冷や”は「貧乏人の冷や酒」とか、「親の意見と冷や酒は後で効く」と言われて敬遠されていました。
“冷や”=常温
冷酒”=氷水や冷蔵庫で冷やしてあるもの

居酒屋などお店で注文する時に冷酒を頼んだつもりで「冷やと言ったのに常温が出てきた。」なんてことにならないように、“冷や”と“冷酒”の違いを覚えておきたいですね。

【おいしい日本酒の温度】

冷やして、温めて、常温で。
温度によって味は変化し、おいしく飲むことができる日本酒。
こんなにも幅広い温度で楽しむことのできる酒は、世界中探しても日本酒だけです。
特に熱燗は奥深いもの!
温度によって情緒深い名前が付いてくるのも、日本ならではの楽しみ方ですね。

燗酒の温度

55℃以上 飛び切り燗
熱燗の中でも最も熱い温度。徳利を持つことはできるが、持った直後に指がかなり熱く感じます。味わいは極めて辛口な印象に。純米酒や本醸造酒、普通酒に向いています。

ほぼ50℃ 熱燗
徳利から湯気が見え、持つと指に熱さを感じます。
香りがシャープになり、切れ味の良い辛口に。本醸造酒と普通酒はこの温度で最も冴えてくる場合が多いです。

45℃ 上燗(じょうかん)
徳利を持つと温かいと感じ、酒を注ぐと湯気が出る程度。香りがキリっと締まり、味わいも引き締まった膨らみ感があります。純米酒はこの温度で最も冴えてくる場合が多いです。

40℃ ぬる燗
徳利を持っても体温と同じくらいの温度、熱いと感じません。
口に含むとふわっと温かく感じます。香りが豊かになり、強いふくらみのある味わいになります。

35℃ 人肌燗(ひとはだかん)
体温より少し低く、飲むとぬるいと感じます。ふわっと凝り、口当たりが良くなる。麹や米の良い香りがし、さらっとした味わいになります。

30℃ 日向燗(ひなたかん)
飲んだ時に、暑いとも冷たいとも感じない温度。香りが立ってきて、味わいはなめらかになります。

常温の温度

20℃ 常温(冷や)
日本でいう土間の温度。室温とも言います。瓶を持つとゆっくりと冷たさが伝わってくる。柔らかい香りで、味わいもソフトな印象になります。

冷酒の温度

15℃ 涼冷え(涼冷え)
冷蔵庫からだしてしばらくたった頃の温度。瓶を持つと、はっきりとした冷たさを感じる。華やかな香りが立ち上がり、とろみのある味わいになります。薫酒はこの温度で最もおいしくなります。

10℃ 花冷え(はなびえ)
冷蔵庫から取り出して、瓶が冷たくなった状態の日本酒。香りは小さくなり、味にまとまりが出てきて、きめ細やかになります。香りは飲んでいるうちに徐々に広がります。爽酒はこの温度で最も味がまとまるものが多いです。

5℃ 雪冷え(ゆきびえ)
瓶に結露ができ、冷気が見える温度。氷水に浸して十分に冷やします。香りがあまり感じられず、味わいも閉じて固くなります。

日本酒の飲み方:そのほかのアレンジ

日本酒の飲み方は常温や冷酒、熱燗だけではありません。
アレンジの効く日本酒の飲み方、自分好みを見つけるのも楽しいですね。

【水割り】
グラスに日本酒を注ぎ、好みのミネラルウォーターで割る。
硬水は締まった味わいに、軟水では伸びやかな味わいになります。
原酒、生酛、山廃系に向いた飲み方です。

【湯割り】
先にグラスに湯を入れ、後で日本酒を注ぎます。
硬度の高いミネラルウォーター、軟水の湯だとまた違った味わいになります。
魚介料理や野菜料理など、合わせる食事によって味わいを変化させられます。

【ハイボール】
氷をたっぷりと入れたグラスに日本酒を注ぎ、炭酸水で割ります。
和の柑橘類(ゆず・すだち・カボス等)を入れると爽快感が生まれます。

【みぞれ】
みぞれ酒専用の日本酒を冷凍温度まで冷やし、冷たいグラスに注ぐと、みぞれ雪のように細かいシャーベット状に凍って行きます。
日本酒はマイナス8℃前後で凍っていきますが、専用の冷凍庫で冷やすとマイナス15度まで液体状態を保ちます。この状態を過冷却と言います。
わずかな振動で凍るため、グラスに注ぐときの衝撃で柔らかい氷が出来上がっていきます。専用の冷凍庫があるバーなどで楽しめます。

【フラッペ】
日本酒がシャリシャリと細かい氷になっている状態。
シロップやリキュールなどをかければ、日本酒のかき氷ができ、暑い夏に最適です。
吟醸酒か、新鮮な味わいの生貯蔵酒が向いています。
作り方①グラスに日本酒を注ぎラップする。フォークなどで2,3か所穴をあけておく。
②冷凍庫に入れ、2~3時間冷やす。
③冷凍庫から取り出し、半冷凍状態の日本酒をかき混ぜて、細かい氷を作る。
④さらに2~3時間冷やして完成!

意外にもさまざまなアレンジが効く日本酒。
飲み方もいろいろと試してみて、その幅広く奥行きのある味わいを楽しみたいですね。

まとめ

日本酒の飲み方や温度は、実は幅が広く楽しめるもの。
一つの日本酒で温度によって印象が変わるのも面白いですよね!
温めればまろやかで心がほぐれるような印象になり、熱々にすれば酒感がぐっと上がり飲みごたえのある味わいに。
冷やだと夏にもおいしくいただける日本酒。
温度によって変わる味わいや、日本酒の種類によって変化する適した飲酒温度を研究するのも楽しみですね。

日本酒度とは?ラベルに書いてあるプラスマイナスの表示はなに?こんにちは! 日本酒大好きあおいです。 日本酒好きが高じて、日々日本酒についてあれこれと勉強しています。 日本酒のラベルには蔵...
日本酒の賞味期限!開封後はどれくらいで飲みきるのがおすすめ?日本酒大好きあおいです。 日本酒好きが高じて日本酒についてあれこれと勉強する日々を送っています。 日本酒は未開封であれば賞味期限がなく、...